タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

森を守るために私たちにできることは?報告Ⅱ

2013.06.27(10:59) 93

多摩川源流からのメッセージ~源流に学び 源流に生きる~


さてそんな大切な水源林の村、小菅村ですが、丹波山村のように東京から甲府へ抜ける国道があるわけでもなく、どこへ行くにも鶴峠、松姫峠、今川峠などを越さなければならない、いわばどん詰まりの村です。人口も減っている。そこで、小菅村は地域を再生させるために源流に注目し源流にこだわった町づくりをするため「多摩川源流研究所」を設立しようと考えました。

昭和62~3年から「多摩川源流祭り」を行い1万人くらいの人を集めています。さらに源流に磨きをかけようということで2000年に「第3次総合計画」を策定し、その中で「多摩川源流研究所」をつくろうということになりました。

その年に、私は「源流絵図小菅版」をつくるために調査に入りました。
すでに「塩山・丹波山版」を作っていました。どうして絵図をつくろうと思ったかといいますと、源流地域には様々な文化が残されています。これには5年間かけて地元のお年寄りからお話を聴き作り上げたものです。

竜ばみ出会い滝竜喰出会い滝

「竜喰谷(りゅうばみだに)」というのがありますが、3時間ここを歩いている間に13の滝が連続します。最初が「竜喰出会い滝(りゅうばみであいたき)」で、竜喰谷が一ノ瀬川に出会う場所です。躍動感溢れる滝の流れに息がとまるほどです。

地元の沢の名前、滝の名前、谷の名前が昔からのくらしに根差したものであることがよく分かります。

出会い滝凍結出会い滝凍結

セングの滝セングの滝

「ゴケン滝」というのは1間は約1.8mですから、5間、約10mの落差のある滝です。その上に「千工の滝(せんぐの滝)」がありますが、最初「千苦」の字を当てました。それというのが、5間の滝の上ですから1人では行けない厳しい場所です。滝を回ってその上に出ることを「まく」と言いますが「ゴケンの滝」をまくのに1時間40分、雨が降ると水位が上がるⅤ字谷のつるつるぬるぬるした急斜面をフーフー言いながらやっと上るわけですから「千苦」だと思ったんです。
源流から下流まで材木を流す時は筏を組んで流しますが、狭いところでは筒流しと言って筏を組まずに1本1本流します。岩や石で流れが悪いことろは一旦流れを堰き止め、たまったところで堰を切るとドーッと流れ出す、これを鉄砲出しと言うそうです。また、滝壺のない滝を流す時には樋のような木組み、修羅というものを張ります。急斜面に修羅を張るのも工(たくみ)の技が必要です。
「千工の滝」はこの滝壺のない滝で、そのために材木を流すには千の、たくさんの工が働いたのです。だから「苦」ではなく「工」なんですね。材木を傷つけないために渾身の力で修羅を張った工たちの名を付けた滝なんです。


最初の一滴多摩川最初の一滴

聞き取りを続けると、どれだけ自然の恵みを大事にしたのか、どれだけ愛着があったのか、尊敬があったのかを知り、どんな地図を見ても載っていないそうしたことを残したいと思ったのです。

小菅村がその絵図を欲しいと言いまして、出来上がるとすぐに持っていきました。ところが、これには小菅村がまだ載っていない「至小菅」となっていました。
そこで村長から「小菅版」も作りますよね、と宿題をいただきました。1999年の事です。
小菅版を作るために村に入ったのが2000年の3月12日でした。

多摩川源流研究所の準備会が出来たのが同じ年の9月、そして2001年に設立されたのです。

昔の人は、価値ある木を切らせてもらった、その木を価値あるままに下流に届けたい、そのために苦労を惜しまない、それくらい自然への感謝、愛着、尊敬があった、ということを知って非常に感動しました。
ふつうの地図には全く載っていないことで、全部長老・古老の頭の中にあったことなのです。これは、残さなければいけない、記録しなければいけない、そして子供たちに伝えなければいけないと思ったのです。




つづく
スポンサーサイト

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



講座 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<くらしフェスタ東京inたまを開催しました | ホームへ | 森を守るために私たちにできることは?報告Ⅰ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。