タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

五日市憲法誕生の地を訪ねる

2011.05.24(13:20) 63

5月23日(月)
前日午前の暑さとはうって変わった肌寒いなか、無事行ってまいりました。
夜半までの雨もなんとか小休止する武蔵五日市駅に集合したのは11人。
雨具、防寒具の用意も怠りません。
それでも、暑いよりはよほど歩くには適した天候ではなかったでしょうか。

時に急になる山里の道を徒歩1時間、青々とした木々が茂り、可愛い小さなトーテムポール(?)が道案内をしてくれる歩きやすい道です。

そして着いたのが旧深沢家

110523_門


右の低い潜戸から中へ

110523_土蔵1


草深い空き地に、1968年に発見されるまで五日市憲法草案が眠っていた土蔵が。
これは改修されたもので、当時の様子はこれ。

土蔵


そうとう朽ちていますね。色川先生、江井先生がこの中から発見できたのはその熱意と執念のたまものでしょうか?
初めに蔵の中を捜索させて欲しいと言った時の深沢家当主はご養子さん。
養子に来たものは当家のものには絶対に手をつけられないと断られ、次代になるまで待ったそうで。
これ、もう1~2年遅れてたら朽ち果ててますよね、よかったぁ。

前日の雨で下草が濡れていて腰かけることさえままならず、お隣の真光院様の本堂階段に腰を下ろさせてもらってしばし休憩。

真光院




下山(?)して五日市中学校にある「草案碑」へ
学校に迷いこみ、ちょうど出ていらした先生にお尋ねしたところ、親切に教えて下さり「ご自由にご覧ください」と言っていただきました。
メタセコイアの巨木の下に。

110523碑


ここではNHKの歴史番組に使うということでカメラマンさんが待機していました。
近年の歴史を扱うという番組だそうで、どのくらい使ってくださるか、乞うご期待。

その後五日市名物「寿庵忠左衛門」でお蕎麦をいただき、五日市郷土館を回って解散しました。
草案の原本は秋川にある中央図書館で眠っているそうで、年に1回文化の日に公開されるそうです。

スポンサーサイト

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



通信 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<環境先進都市都留市を訪ねて | ホームへ | バス見学会は満席となりました>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。