タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

多摩の地場産品発見ツアー報告3

2012.01.24(10:07) 75

前回から大分間が空いてしまいましたことをお詫びいたします。今回が最終回です。

昼食後はまず檜原村井上こんにゃく店へ。

               井上蒟蒻

店の創業者は村から次々と若者が出ていくことを危惧し、村に働く場所があれば残るのではないかと考えこの会社を設立したそうです。今では村一番の企業として多くの従業員が働いています。
2階から見下ろす工場で印象的なのはやはり、昔ながらの製法「バッタ練り」を受け継ぐ練り機です。その名の通り「バッタンバッタン」と言いながらコンニャクを練っていました。
コンニャクを使って手作りした煮物や田楽を試食しましたが、歯ごたえがあって風味豊かなコンニャクであることを実感しました。
 自社の畑でもこんにゃく芋を栽培し、年間を通じて生芋を使用するために秋に収穫した芋を急速冷凍保存しておきます。いま、市場の大半を占めているのは、いもの精製粉から作るこんにゃくです。井上食品はあくまでもこんにゃく芋から造ることにこだわっているそうです。


最後は日の出町に戻ってみやび工房大多摩うまいもの館へ。

                みやび工房

 最後は日の出町に戻って、桜チップで燻したくんせいチーズ、くんせい卵の大多摩うまいもの館でお買い物です。
 ここには他に多摩地域の地場産品が数多くそろっています。先年見学した近藤醸造の「きっこーご醤油」、はちみつ、ブルーベリージャム、青梅せんべい、ワサビ漬け等々、もちろん井上蒟蒻店のこんにゃくもありました。
 またみやび工房では付近から伐採した無垢の木材を使って、まな板などの家庭用品から、大きな一枚板のテーブルや椅子などの木工品の注文販売もしています。さらに端材を使用して作るエコ卒塔婆など、近隣の森林を守る事業を展開しているとのことです。


今回見学したのは東京の西の端の山深いところが中心でしたが、思いがけず中世から豊かな人の営みがあったことを知ることができ、その土地を守るために様々な努力と工夫が凝らされていることを間近に見ることができた有意義なツアーとなりました。
雨のため十分に写真撮影をする余裕がなかったのが残念です。

緑ときれいな空気と美しい景観、そしてそこで暮らす人々の心意気を感じに、ぜひお出かけください。








スポンサーサイト

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



見学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2012年01月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 多摩の地場産品発見ツアー報告3(01/24)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。