タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

バス見学会報告3

2009.06.29(23:48) 38

次に向かったのはあきる野市にある近藤醸造。キッコーゴ醤油の生産会社です。

醤油1
2階の部屋で説明を聴きます。
国産大豆100%で、昔ながらの製法を守る醤油作りにみな感激していました。

醤油2
最後は直売店でお買い物。お土産も頂いて大満足。地元の生産品を支えたいという想いを強く抱きました。

そして、個人的に感激したのがこの一品
新撰組醤油

近藤醤油と天然理心流を多摩に広げた方とは御親戚だと書かれております。即、お買い上げ(笑)

スポンサーサイト

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



講座 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

バス見学会報告2

2009.06.22(16:02) 37

次の見学先は昼食を兼ねた「秋川ファーマーズ・センター」です。
秋川ファーマーズセンターは、多摩東京移管100周年記念事業のさい、TAMAらいふ21協会と旧・秋川市(五日市町と合併してあきる野市)が共同で建設し、1993年にオープン、生産者と消費者の交流の場として親しまれてきました。

秋川ファーマーズセンター1

以前は午前中の早い時刻で売り切れが当たり前でしたが、近年では生産者が出荷時刻をずらすなどして、昼食後の時間帯でもこれだけの農産物が!

秋川ファーマーズセンター2

みなさん、たくさんの買い物を手にファーマーズセンターを後にしました。


以下次号

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



講座 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

バス見学会報告【1】

2009.06.16(23:04) 36

6月4日、多摩の地場産品発見ツアー~地産地消は最強の環境保全

立川市内を出発したバスは、まず、青梅市内にある「畜産センター」へ到着しました。

畜産センター

ここは、東京の畜産業の維持と発展のため、様々な取り組みをしています。

東京Ⅹ2

一番有名なのがこの東京Ⅹでしょうか。
こちらはまだ生後2か月の子豚ちゃんです。
バークシャー、北京黒豚、デュロックを掛け合わせ、7年の歳月をかけて完成された、高品質のブランド豚です。
「TOKYO X」のブランドで都内各所で取り扱っています。

他に、主に卵が珍重される東京うこっけい、小ぶりでしっかりした肉質の東京しゃもなどが、あります。

うこっけい
東京うこっけい
畜産センターに置いて改良が加えられ、産卵率が飛躍的に伸びたそうです。
その結果、かつては1個300円~500円だった卵の価格が現在200円程度にまで抑えられるようになりました。



以下次号



多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



講座 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

バス見学会にご参加、ありがとうございました

2009.06.07(14:50) 35

おかげさまで無事終了することができました。
詳細は近いうちにこちらへアップいたします。
今、しばらくお待ちください。

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク



講座 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2009年06月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. バス見学会報告3(06/29)
  3. バス見学会報告2(06/22)
  4. バス見学会報告【1】(06/16)
  5. バス見学会にご参加、ありがとうございました(06/07)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。